日常

都合よく嘘をつく時と都合よく本性を現す時

前回の記事の続きのようですが、人を理解するために必要なファクターのひとつとして考えるのは、警察でも弁護士でもなく探偵です。

人は嘘をつきます。
自分の都合のいいように言います。
弁護士に対してでも。
警察に対してでも。
裁判所での裁判官に対してでも。
もちろん偽証罪や法廷侮辱罪に問われます。バレればね。

しかし、探偵の調査は「内偵」が大前提です。
つまり、対象者本人が都合よく嘘をつく必要がないのです。

逆に都合よく本性を現してくれます。

うちの夫はこんな事をしていたの…?
うちの妻はこんな事をしていたの…?
私の子供はこんな事をしていたの…?
私の部下はこんな事をしていたの…?

この業界に長く身を置いているので、大体は想定範囲内ですが、ご利用されるお客様は言葉を失うケースが多いです。
私が言葉を失ったケースは…本にでもしようかな…

CATEGORY

  • カテゴリーなし
TOP