ブログ

かながわ中央消費生活センターから電話が来ました

ハッキリ申し上げますが、弊社は悪徳探偵でもなければ所在地が判らない架空業者でもありません。正々堂々と事務所を構えて運営していますので、文句があるならいつでも受けて立ちますのでお越しください。

ご相談者様から電話があったのは夜中の2時頃でした。翌朝8時から夫の浮気調査をして欲しいとの事でした。場所は神奈川県の外れで弊社からは約2時間ほど要しました。そして開始してすぐにお客様から連絡が入り、お客様都合により調査中断となりました。
重ねて申し上げますが、弊社は悪徳探偵ではないので全額を償却したりはしません。また8時間で「1稼働=32万円」とする高額単位での契約もしません。ただし当日のお客様都合によるキャンセル(中断)等は4時間だけ原則償却させて頂いております。しかし、概ねその場合でも、その4時間も次回に繰り越して利用できるように手配しています。つまりお申込み頂いた調査時間を1分も削る事がないように取り計らいます。お客様のために。

しかしそのお客様は契約書を交付していないのでお金を返して欲しいと。その後、同センターにご相談され、同センターから弊社に連絡が入りました。

あのですね、夜中の2時にお申し込みして、朝の6時に調査スタッフが出動して、8時からの調査現場でも、お客様に利用申込書のご記入頂く事は可能です。朝の4時に対象者(夫)と同居しているご自宅でよろしければ、のハナシですが。もちろん書面の交付や重要事項説明義務が探偵業法上必須である事は理解しています。また口頭でも商法上契約が成立する事も理解しています。

ひとりでも多くのご相談者様のトラブル解決のお力添えさせて頂ければと、弊社は可能な限り対応しております。

そしてナンでもカンでも、伝家の宝刀または黄門様の印籠の如く「クーリングオフ」を突き付けるお客様が2年に1回くらい現れます。

もともとクーリングオフとは、布団の訪問販売被害等の様に、業者が急に押し掛けて、消費者が冷静に(クールに)判断出来ない様な状況に際して、後日「冷静に考えたらやっぱ要らねーな」って場合に適用される法律です。ラーメンを頼んで、一口食べて、想像してたのと違うから返金してくれ、という法律ではありません。

これを弊社が言ってしまったら元も子もないのですが、探偵のサービスを利用しないに越した事はありません。
本当に必要かどうか熟考してからご相談される事をオススメ致します。

もし悪徳探偵業者とトラブルになった際には、かながわ中央消費生活センターにご相談を。

****純粋に「お客様のため」のメリーズ横浜探偵事務所です!****

横浜中心の西区にある、相鉄線 西横浜駅から徒歩3分
大小問わずお困りの際はまずはご相談ください!
費用面でも調査内容面でもお客様第一です!

〒220-0061
神奈川県横浜市西区久保町12-1-306
TEL 045-620-2112  ⇐スマホの方はココをタップ!!
FAX 045-620-2812
MAIL info@merries.yokohama  ⇐ココをタップ!!
神奈川県公安委員会届出第45170053号
(一社)日本調査業協会 正会員 No.2374
神奈川県調査業協会加盟
世界探偵協会WAD正会員