ブログ

元請けと自社請けと下請け

まず調査会社・探偵会社には大きく分けて元請けと自社請けと下請けがあり、それらを専門としている会社や両方を使っている会社があります。

ざっくり分類すると

■元請け専門の会社
自社に調査スタッフがいないため下請けに流すのみ。いわゆるブローカー。大手に多い形態。
■下請け専門の会社
会社が自宅兼用であったり、自社で仕事の受注が困難なケースが多い。探偵としての技術は折り紙付き。
■自社請けの会社
自社で直接お客様(個人・法人)と委任契約を結ぶ。案件も原則自社スタッフで実施する。お客様とのコンセンサスが緊密。

となります。

当社は基本「自社請けの会社」です。自社で請けて自社のスタッフで調査を実施します。
案件数が重なって自社スタッフで足りない場合は協力会社にヘルプを要請する場合があります。いわゆる「元請け」になります。逆にスタッフが空いている時は協力会社からのヘルプ要請を受け「下請け」もやります。

自社での案件消化が基本で元請けも下請けもやる当社だからこそ言える事ですが、調査をする上で一番大切な事そして一番の問題点は「元請けの資質」です。
前述しました「元請け専門の会社」とは、大手や準大手がそれらに該当し、(全てとは言いませんが)利益追求を優先し過ぎて、依頼者(社)の事をほとんど考えていないのが現状です。

どういう事かって?下請けを使うから経費が嵩み、更に水増しして、法外な請求をしまくるという事です。
もう一度言いますが、当社は自社で案件を実施しているので、経費(人件費)率が良いのです。だから大手の1/3〜1/10のお客様負担で調査が可能なんです。そして、更に当社では、結果になかなか繋がらないお客様にはサービスで無償の調査時間を提供しております。

もう今は協力会社の下請けしかやらない当社ですが、以前は大手や準大手の下請けもしていました。その時期によく思っていました。「この調査って意味ある?ないような気がするから早めに解除すればお客様の費用負担は軽減できるんじゃない?」って。

・明らかにもう対象者は再キャッチ出来ないでしょ?別日での再調査を提案すべきでは…?10時間も無意味な調査を…
・浮気調査で毎回不貞相手の自宅まで尾行する必要ってあります?同じ相手なのに。別れた時点で終了でいいんじゃない?
・対象者の面取り(人相確認)ってこの方法じゃなくて、もっと効率いい方法あるでしょ?SNSで簡単に判るじゃん!

ここからは少し偏見もあり極端な表現も含まれますが、これらは元請けがお客様と現場調査スタッフとの間で「調整役」をしている事が原因です。すなわちお客様と現場スタッフは永遠にコンセンサスが取れないのです。または細部まで状況による判断基準が落とし込まれていないという事。上記の例であったら「○○という状況であれば再調査の提案をする」という提案すらしていないのでしょう。だって調査会社に任せれば、明らかに「無駄な調査」だって調査しちまうし、しちまえば請求できるから。そしてソレが「元請けの資質」なんです。確かに法人案件では「調査の結果」より「調査自体」にウェイトを置くケースもあり、コンプライアンス上、調査を実施する時もあります。その場合、現場の調査スタッフは「なんのための調査?」って感じないよう、きっちり調査の主旨を伝えて現場に立ちます。つまり当社では現場のスタッフから直接お客様とコンタクトを取っている担当者まで、全てのスタッフが情報を共有し、一丸となってお客様のために調査にあたっているのです。
元請け専門の会社は、いかに高額の案件を成約するかに重きを置き、ただ案件を「消化」する事に専念し、現場のスタッフが「?」に思っていても、無駄な調査を敢行し、いかにお客様を「(無駄な調査をしている事を)納得させるか」に日々奮闘しているのです。

調査・探偵サービスをご検討の皆様、各企業様、まずは当社までご相談下さい。
公正な目で、調査が必要な場合は自信を持ってご提案させて頂きます。

****純粋に「お客様のため」のメリーズ横浜探偵事務所です!****

横浜中心の西区にある、相鉄線 西横浜駅から徒歩3分
大小問わずお困りの際はまずはご相談ください!
費用面でも調査内容面でもお客様第一です!

〒220-0061
神奈川県横浜市西区久保町12-1-306
TEL 045-620-2112  ⇐スマホの方はココをタップ!!
FAX 045-620-2812
MAIL info@merries.yokohama  ⇐ココをタップ!!
神奈川県公安委員会届出第45170053号
(一社)日本調査業協会 正会員 No.2374
神奈川県調査業協会加盟
世界探偵協会WAD正会員